自己解放プログラム2023年のグループガイダンスは募集を終了しました。2024年の開催については6月頃、メルマガにてご案内します。ご登録の上お待ちください。

碇たみ子公式メルマガ

碇たみ子公式メルマガ
お名前  *
メールアドレス  *
この記事を知ったきっかけ  *
ご紹介者のお名前

こちらのメルマガにご登録いただいた方には、世界観ラジオや、自己表現研究コラム記事を含む『碇たみ子公式メルマガ』、本サイトのメルマガバックナンバーコラム記事の全文が読めるログイン情報が自動的に届きます。メルマガでは、本当の自分を解放し、価値観、目標、喜びを共有できる仲間と出会うための自由な自己表現方法や、「自分を表現する新しい生き方」にシフトする方法について配信しています。興味がなければ、毎回の配信でご案内している解除URLからいつでも解除することができますので、お気軽にご登録ください。

自分らしさを思いっきり表現したいのに、何をやってもしっくりこない・・・。

自分らしさを表現したいのに、「なんだかしっくりこない」と、自分らしい表現にたどりつけない人がたくさんいます。わたし自身も「自分らしさを表現する」ことを知らなかった頃は、いつも「わたしって、こんなんだもんだっけ」「もっと違う自分がいるんじゃないか」とずっと悶々とした毎日を送っていました。

でも、自分らしさを思いっきり表現できるようになったら、なんとなくぱっとしなかった毎日が、“イキイキ”と“わくわく”をたくさん感じられる日々に変わったんです。

▶︎ 自分らしさを表現したら、こんな毎日に・・!

  • これまで自分で「ダメだ」と思っていたところも、好きと言ってもらえる
  • 自分のことが、大好きになる
  • 自分が大好きな自分を、好きといってくれる人に囲まれる
  • 次々とやりたいことがわいて、どんどん行動したくなる
  • 他人の目を気にせずに、「これでいいんだ」と自分に自信が持てる

でも、わたしのような「イキイキ・わくわくする自分らしい表現」に”たどりつけない人たち”から数多くの相談が寄せられるようになりました。彼女たちが自分らしい表現にたどりつけない原因は、たったひとつ。

「自分らしさを表現してみたいから写真を始めてみようかな」
「noteやInstagramで、発信してみよう」
「ステージで歌ったら、自分を表現できそう」

こんな風に自分らしさを表現するのに、まず「表現方法」を選んでしまうことです。

実際に、わたしが目立つ表現の方法を教えている「目立つプロモーション講座」でも、「こうすれば他と差別化できて目立ちますよ」という方法を教えても、やれない・行動できない人が毎回半数ほどいました。

彼女たちは、目立つことの前に「自分らしさを表現すること」を本当は求めていたんです。なのに、表現したい「自分らしさ」が何かわかっていませんでした。だから行動できなくなっていたんです。

それまで、”目立つ方法”を研究してきたわたしは、今度は「自分らしさを表現できている人」「表現できていない人」の違いについて調べ、誰もが思いっきり自分らしさを表現するために欠かせないことが分かったんです。

自分らしさを思いっきり表現している人って、どんな人?

あなたはどんな人が「自分らしさを思いっきり表現している」と思いますか?

・素敵な服を着て、素敵な場所でたくさんの人に好かれそうな写真を撮っている人?
素直な発信がウケそうだと、悩んだり怒ったり、自分の感情を包み隠さず発信している人?
等身大の自分が好かれそうだと、ありのままの生活や自分のしたこと思ったことを、飾らずに発信している人?

確かにこんな人たちは、自分らしさを表現していると言えるかもしれません。でも彼女たちと、わたしが思う「自分らしさを思いっきり表現している人」には、大きな違いがあります。それは、<人に好かれる自分らしさ>であるか<自分が表現したい自分らしさ>であるかの違いです。

人に好かれるかどうかで自分らしさを探すと、好きと言ってくれる人は増えるかもしれません。ですが、自分が本当に出したい自分が好かれない限り、いつまでも喜びは少ないまま。自分が本当に出したい自分が好かれることこそ、心から喜びを感じられるはずです。

自分が心から表現したい自分らしさをちゃんと表現できるようになると、自分を表現することが楽しくて、もっともっと表現したくなります。自分を大好きだと思えて、自分が“大好きな自分”を好きだと言ってくれる人たちに囲まれるようになります。とにかく、「毎日がワクワク」になって、生き方の大変化が起こるんですね。

わたしが思う、そんな「自分らしさを思いっきり表現している人」は、こんな人たちです。

▶︎ あさぎーにょ|クリエイティブアーティスト・ユーチューバー

クリエイティブアーティストのあさぎーにょちゃん。
2016年4月から始めたYouTubeで人気を博し、現在では映像制作、楽曲制作、モデル活動、洋服のブランドを立ち上げたりなど、ジャンルやコンテンツに縛られず様々な表現活動を続けています。

▶︎ マキエマキ|写真家

写真家のマキエマキさん。
元々は商業カメラマンとして活動をしていましたが、2015年に「愛とエロス」をテーマにしたグループ展に出展し、以後「人妻熟女自撮り写真家」として写真集の出版や個展を開催。個性的な作品を発表し続けています。

▶︎ bon・pon|インスタグラマー

Instagramで人気の60代夫婦、bon・ponさん。
2016年から始めたInstagramアカウント(@bonpon511)は、色柄をリンクさせる夫婦コーデが国内外で話題となり、現在のフォロワー数は約85万人。書籍の出版や雑誌のコラボ企画などで表現活動を続けています

自分らしさを表現できている人に共通していること

自分らしい表現ができるために、表現の上手さは実は関係ありません。あさぎーにょちゃんやマキエマキさんは、自分らしい表現をする前と表現の技術はさほど変わっていないからです。

では、自分らしさを思いっきり表現できている3人の共通点はなんだと思いますか?

それは、誰の意見にも左右されず、100%自分が好きな自分を解放できていること。これがまさに「自分らしさを表現できている」ということだと考えるんです。

誰だって最初は、自分らしさを表現できていない

あさぎーにょちゃんたちも、最初から自分らしさを表現できていたわけではありません。なぜなら、100%好きと思える自分をまだ表に出せていなくて、どんな自分が好きなのかを知らなかったからです。

あさぎーにょちゃんの場合

あさぎーにょちゃんは、もともとは「人にどう思われるかな?」と他人に合わせて生きていて、「わたしの好きなものはアウェイなのかな」と孤独感のようなものを感じていたそうです。

それが、毎日毎日、YouTubeでの自分の「好き」を表現し続けているうちに「彼女の好きなもの」「彼女らしさ」を好きだと言ってくれるファンが増えていきました。

左:路上ライブやオーディションを受けたりしていたが、しっくり感がなく自分らしさを探していた。
出展:Instagram

マキエマキさんの場合

マキエマキさんは、長年、商業カメラマンを続けていた中で「わたしじゃなくても撮れる写真」であることを感じ、いつしか「オンリーワンじゃない」という悩みを持つようになったそうです。

そんな中、「わたしでなければ作れない作品」を追求し、ホタテ貝殻ビキニの作品を発表。SNSを中心に多くの注目を集め、彼女のもつ世界観を尖らせた作品を次々と発表するようになりました。

左:商業カメラマン時代のマキエマキさん / 右:話題になったホタテビキニの作品
出展:NHK広報局note

bon・ponさんの場合

bon・ponさんの場合、もともとは、広告代理店に勤務する旦那さんの仕事が忙しく、夫婦でゆっくりできる時間がまったくない、そんな表現活動とは無関係の人生を送っていました。

旦那さんの退職を機に、娘さんに勧められて夫婦のお出かけの記録をInstagramに投稿し始めました。それ以来、ファッションを通して娘さんや自分たちが大好きな自分を、自然な形で表現し続けていき、多くの人に知られるようになりました。

左:表現活動をする前の娘さんとのお写真 / 右:現在のbonponさん
出展:オフィシャルブログ

以前のあさぎーにょちゃんやマキエマキさんは、「人にどう思われるか」を気にしたり、相手に求められることに合わせていたころ、まったく自分らしい表現ができていなかったことがわかりますbon・ponさんは自分たちを表現しようとすら発想がなかった。

ですが現在の彼女たちは、人にどう思われても気にも留めない。誰の意見にも左右されず、表に出せていなかった“100%好きな自分”を解放してから、イキイキと自分らしい表現ができるようになり、ファンが集まるようになってきたんです。

自分らしさを表現するのに一番大切なことは、表現方法やどこで表現するかを考えたり、表現技術を磨くことではありません。100%好き!と言える自分を解放してあげることなんです。

でも、自分らしさを思いっきり表現することは、誰でも簡単にできるわけではありません。なぜなら、そのためにはいくつか必要なプロセスがあるからです。そのプロセスがあれば、彼女たちのように誰の意見にも左右されず、自分らしさを思いっきり表現できるようになれます。

そして、表現できることの喜びを得られるだけでなく、大好きな自分を好きだと言ってくれる人たちと出会っていけるようになるんです。

なぜ彼女たちは、自分自身で自己解放することができたんだろう?

ここで、なぜあさぎーにょちゃんたちは、誰の手も借りず自己解放することができたの?と、思う人がいるかもしれません。

これまで様々な人の表現活動の伴走をしてきた中で、自分らしさを解放できる人とそうでない人の違いはなんだろうと研究を重ねてきました。すると、ある大きな違いがあったんです。

自分らしさを解放できる人にはあって、解放できない人にはないもの。

それがあれば、自分ひとりで100%好きな自分を解放できるかもしれません。でもなければ、自分を解放する大きなハードルになってしまい、自分らしさが何かを知ることができないでしょう。

このように自己解放を促すために必要なことや、どんな人でも自己解放できるポイントを、わたしの様々な表現プログラムで実践し、検証を重ねてきました。その結果、受講生さんたちの変化が見違えるほど変わり、「人生が変わった!」と感動の声をいただけるようになったんです・・!

グループガイダンスではこういった、
自分らしさを解放できる人とそうでない人の違い
・研究する中でわかった、自己解放をして自分らしさを100%表現できるようになるためのポイント
自己解放するために必要な具体的な3つのステップ
についても、詳しくお伝えしますね。

自己解放をメソッドを使うと、自分らしさが大放出!
<受講生の例>

精神科医として現在も病院でお仕事をしている宇谷さん。プログラムに参加した当初、副業でビジネスを始めたところでした。ビジネスのために差別化して目立ち、早く軌道に乗せなきゃと、結果を焦っているようでした。

▼ 宇谷さんのBEFORE ▼

でも、ビジネスで結果を出すことよりも、彼女が心から求めていたことがありました。それが、自分の感覚を取り戻すこと。

自分の中に「まだ何かあるんじゃないか」と、どこか自分らしく生きられていないように感じていた宇谷さんは、若い時に夢中になっていた音楽やバレエを再開したり、好きなことをやって、自分の感覚を取り戻そうともがいていたそうです。

そんな彼女に、「自分を解放する」ことを促すように関わってみると、彼女の独創的な感性が爆発しました。

▼ 宇谷さんのAFTER

すると、漠然と感じていた「何かが違う」感じがいつの間にか消えて、母や妻、精神科医としての自分ではない、自分自身の存在感を思い切り出せるようになり、人生観が大きく変わりました

今は、精神芸術思想家として、ビジュアルアート、音楽、文章とジャンルを超えて、自分らしい独特の世界観をいきいきと表現されています。

▼ 現在の宇谷さん

ラジオやブログ、メルマガでは、こんなの見たことがないというような彼女独自の世界を繰り広げ、生き生きと表現を楽しむ宇谷悦子さん

疲弊していた集客が一変!好きと言ってくれるファンや仲間がどんどん集まるビジネスに

「自分を解放して自分らしさを表現する」ことは、ビジネスに活かせるの?と、気になった人もいるかもしれません。わたしは、ビジネスでも自分らしさを表現したことで、集客だけでなく働き方まで激変するという体験をしてきました。

自分らしさではなく、集客・フォロワーを増やすための表現をしていた時は、人にウケる・映える見せ方を追うあまり、心がどんどん疲弊していました。自分にウソをついているような感じさえしていたんです。表現を通して出会った人たちが期待している「わたし」と、わたしが思っている「わたし」が、ズレていると感じる事も多発していました。

・苦手なことや、わたしじゃなくても出来ることを求められるようになった
・都合の良い使われ方をするようになった
・自分らしくないことを提供しないと、お客様が離れていってしまう不安があった

▼ ▼ ▼

集客すればするほど、疲弊する状態に…

▼ 碇のBEFORE ▼

大勢の人たちとホテルのお茶会をしている写真など、キラキラした自分を追い求めていた頃

それが、自分を解放して自分らしさを表現できるようになってからは、ストレスなくわくわくしながら仕事をできるようになったんです。なぜなら、「いいところ」だけではなく、以前ならコンプレックスに感じて人に隠していたところも「好き」と言ってくれる、本当の意味で自分を理解してくれるファンに囲まれるようになったからです。

すると、お客様層が変わりました。

・発信に対して真剣に返信をしてくれる
・真剣に自分の表現と向き合う姿勢
・継続して学びたい
・わたしの活動を応援してくれる
など
わたしの価値観や考え方と合う理想的な人たちばかり

▼ ▼ ▼

本当の自分を理解した上で、支持してくれる人たちと出会えるように

▼ 碇のAFTER

自分と向き合い自分を解放し始めた頃の碇
 集客・フォロワーを増やすための表現だったとき自分を解放して自分らしさを表現できるようになってから
自分にウソをつきながら、多くの人に好かれる表現をしていたダメなところも含めて「好き」と言ってくれる、自分を理解してくれるファンが増えた
集客はできたけれど、お客様との間でズレが生じるお客様が活動を応援してくれる仲間になり、ビジネスがどんどん大きくなっていった
集客すればするほど、疲弊する表現に納得感があり、表現するほど心が満たされていくようになった

自分を解放して自分らしさを表現できるようになると、毎日がワクワクしたものに変わるだけではありません。ビジネスだって、ワクワクするものに変わります。やりたいことも次々に出てきて、実現するためのエネルギーもどんどん湧いてくるのです。

自分を解放し自分らしさを表現する新しい人生の幕が、開く

自分らしさを表現したいけれど、今まで何も手がつかなかった、どうやったら良いか分からなかったというあなたへ。

あさぎーにょちゃんたちのように「自分らしさを表現する」ための決め手は、表に出せていなかった自分を解放し、どんな自分を表現したいのかに気づくことです。

自分らしさを表現するために欠かせない自己解放に特化した新しいプログラム『自己解放プログラム』が始まります。

表現ジプシーにならないために欠かせないのが、表現したい自分に気づくこと。自己解放ができれば、「自分らしさを出せた」と実感できる表現ができるようになります。

“自分らしさを表現する”最新情報発表会&説明会開催

・自分を解放する秘訣とは?
・自分を解放できる人とできない人の決定的な違い
・自分らしさを思いっきり表現し、熱烈なファンと出会うための3つのステップ

などについて、事例を含めてお話します。説明会にご参加いただくだけでも、これからあなたがどうしたら自分にしっくりくる、ワクワクできる表現ができるのかを知ることができるはずです。

自分を思いっきり表現する世界がどんな世界なのか、体験しにきませんか?

自己解放プログラム第2期
グループガイダンス詳細

▶︎ 内容:
わたしが「自分らしい表現」を研究する中でわかった、次のようなことについて詳しく解説していきます。

・自分を解放する秘訣とは?
・自分を解放できる人とできない人の決定的な違い
・なぜ、あさぎーにょちゃんは自分らしさを解放し熱狂的なファンが増え続けているのか
・マキエマキさんが、独創的な自分を見つけ出せた理由
・bonponさんが、自分たちの中に眠った魅力を解放できた理由
・自分を解放できている人が持っていて、できない人が持っていないもの
・宇谷さんが、どのようにして新たな自分を見つけ解放できたのか
・碇は、どのような関わり方で受講生の自己解放を促すことができたのか
・自己解放するために必要な、具体的な3つのステップ
・多くの人が、それぞれのステップをこなしていけない大きな要因と、こなしていくためのポイント
・自分の中にどんな自分がいるのかを知るワーク
・自己解放をした自分らしさを100%表現できるようになるためのポイント
・自分らしい表現をビジネスに活かしていく方法

などなど、ここには書ききれないくらいたくさんの秘訣やポイントについてお伝えしますね。

▶︎ 開催日時:限定で2日間のお席をご用意しました。いずれかの日程にご参加ください。
10月11日(水)12時〜15時 <売り切れました>
10月18日(水)12時〜15時 売り切れました
追加日決定!
10月25日(水)10時〜13時 売り切れました
11月6日(月)10時〜13時 売り切れました
いずれも同じ内容になります。ご都合の合う日にご参加ください。
\更に販売決定!/売り切れました
日程が合わない方のために、アーカイブ動画のチケットもご用意しました!チケット購入画面よりお買い求めください。

▶︎ 会場
オンライン会議室
※お申し込みの方に会議室のURLをお送りします。

もしあなたが、「集客できるなら、どんな表現でもできる」「フォロワーを短期間で増やすインパクトのある表現をしたい」のなら、自己解放プログラムはあまりお役に立てないかもしれません。

でも「自分らしさを思いっきり表現してみたい」「自分が大好きな自分を、好きと言ってくれる人と出会いたい」人にとっては、きっとこれからの人生観が変わるほどのインパクトがあるプログラムになると思います。ぜひご参加ください。

あなたの人生の新しいステージが、
ここから始まる

上記のボタンをクリックすると、ガイダンス参加チケット購入画面へ遷移します。

講師

碇たみ子 ー IKARI TAMIKO

「自分らしさを表現したい」人のために、自分らしい自分を好きと言ってくれるファンや仲間と出会い、生き方が変わる表現のプログラムを提供。「自分の個性を表現して目立つ」ビジュアルの作り方を教えるプログラム「目立つプロモーション講座」を提供していく中で、受講生から「人生が変わった」「生き方が変わった」と言われるようになり、自分を表現することの探求を始める。

これまでに200人以上の起業家の世界観の相談を受け、プロデュースした受講生が、たった1枚の写真から800万円を売り上げるなど、女性起業家のビジネスの躍進に貢献。

自身も世界観発信をすることで、熱烈なファンを増やし、顧客からの信頼を獲得。独自の切り口で自己表現研究コラムを配信するメルマガは、登録者数2000人超え。世界観をプロデュースする「目立つプロモーション講座」でプロデュースした数は2022年12月で100名を越える。

さいごに。「自分らしさを表現したい」あなたへ。

自分を表現することを始めてから、わたしにとってすべての仕事は作品になりました。もちろん、今あなたが目にしている、このプログラムのご案内も、これから開催する説明会も、そしてプログラムそのものも、わたしにとっては作品のひとつです。自己解放プログラムは、2年間かけて、じっくりと作り上げてきた作品です。説明会はある意味、わたしの新しい作品をお披露目する発表会でもあります。

最後に、こちらの言葉を紹介させてください。このプログラムのキービジュアルに使用している、コラージュ作品の裏面に記された言葉です。宇谷さんと同じように、このメソッドで表現者となったある女性が、今回のプログラムのために作ってくれました。

Thank you for bringing me here
〜わたしをここに連れてきてくれて、ありがとう〜

わたしは、自分の生き方を変えられるのは、自分しかいないと思っています。きっかけはたくさんある中で、実際に望む未来に連れて行けるのは、自分だけです。「自分らしさを表現すること」をできるようになった、その先の未来を見てみたいと少しでも思ったなら、ぜひあなた自身を、この発表会に連れて来てください。

わたしも、やっとあなたに、お披露目できることを楽しみにしています!

あなたの人生の新しいステージが、
ここから始まる

上記のボタンをクリックすると、ガイダンス参加チケット購入画面へ遷移します。

© 2023 ikaritamiko.jp